John P. Cooksey

ハーレムのミュージシャン紹介(2)ジョン・クックシー

cooksey

ハーレム界隈で一番忙しいドラマー。1950年生まれ。Noel Pointer、Ashford & Simpson、 Phyllis Hymanなどと共演。市の清掃局で20年間働いていたという異例の経歴の持ち主。Paris Bluesでは自身のカルテットを率い月曜日に出演。水曜日、木曜日もParis Bluesにレギュラー出演している。ポジティブなエネルギーにあふれる彼のプレイスタイルは聴衆を魅了してやまない。

Sylvana

Sylvana
300 West 116th St, New York, NY
(646) 692-4935
sylvana-nyc.com

silvana

Shrineの姉妹店。毎晩いくつかのバンドが登場するショーケース方式。ジャンルは何でもあり。コロンビア大学に近いこともあり学生など若い客が多い。これからの活躍が期待できる新しいバンドを見つけたければここ。

Paris Blues

Paris Blues
2021 Adam Clayton Powell Jr. Blvd. (7th Ave.), New York, NY 10027
(212) 864-9110
parisbluesharlem.com

parisbluesPhoto by Michael Baumann

オーナー、サム・ハーグレスJr氏が1969年から45年以上営業するバー。毎日ライブが無料で聴ける。演奏は午後9時から午前1時まで。チキンとライスの食事も無料。2セット目からはセッションとなり地元ミュージシャンが飛び入り参加することが多い。Frank Lacy、Patience Higgins、Ed Cherry、Wycliffe Gordonなどサプライズゲストの参加もたびたび。演奏の合間にはジュークボックスから往年のR&Bの名曲がガンガンかかっており、昔ながらの雰囲気を楽しめる。また、金曜、土曜の夜1時からはLate Night Jam Sessionがある。

月曜日:John Cooksey & Spontaneous Combustion
火曜日:Sultans of Soul
水曜日:Les Goodson & Intergalactic Band
木曜日:Tyrone “Fly Ty” Govan & Der Secret
金曜日:Melvin Vines’ Harlem Jazz Machine
土曜日:69th Street Band / Antoine Dowdell Group
日曜日:Banda Ramirez