Patience Higgins

ハーレムのミュージシャン紹介(4)ペイシェンス・ヒギンス

patience

サックス奏者。ジャズのみならず、R&B、ブロードウェイなど幅広く活躍してきた。Duke Ellington Orchestraの一員だったこともあるほかシンガーDee Dee Bridgewater、Stevie Wonderとも共演経験がある。自身のグループ、Sugar Hill Quartetを率いてLenox Lounge、St.Nick’s Pubで演奏、閉店後はSmoke、Nabe Undergroundなどで定期的に演奏している。1998年にSt.Nick’sでのライブレコード「Live in Harlem」がリリースされた。ハーレム界隈では一番よく見かけるミュージシャンのひとり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です