Bill Saxton

ハーレムのミュージシャン紹介(3)ビル・サクストン
billsaxton.com

bill_saxton

1946年生まれ。テナーサックス奏者。ビーバップの継承者として、キング・オブ・ハーレムと呼ばれることも。1984年のリーダー・アルバム「Beneath the Surface」では、ピアノのJohn Hicks、ベースのRay Drummond、ドラムのAlvin Queenをしたがえ好演。数々の有名アーティストとも共演してきたハーレムジャズ界の重鎮。自らジャズクラブBill’s Placeを運営し金曜日、土曜日の夜に演奏している。Paris BluesやSmokeなどに顔を出すこともある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です